2009-01-25

Satin Doll



ビデオをアップするのに手間取ってしまったけど、2週間ほど前のSumikaライブから。ヴォーカルの織田佳子さんとギターのマット外島さんはディオで長い間一緒に演奏活動されているので息もピッタリ。去年の秋には日本ツアーにも行かれて大成功された。僕も良く一緒に演奏させていただくので、こういう感じでドラムがなくてもいい感じでグルーヴが出せて気持ちがいい。

二人は実はサンノゼのジャズコミュニティを活性化させている重要な貢献者でもある。彼らが共同経営するスタジオ「Studio Pink House」では毎月ゲストアーティストを呼んでコンサートやジャズクリニックを行い、さらに毎月2回ジャムセッションをスポンサーとして開催している。僕が最近交流範囲が広がってきて音楽仲間が増えたのも、お二人のネットワークのおかげによるところが大きい。ヨッコさん、外島さん、いつもありがとうございます。

この「サテン・ドール」という曲は、僕が学生時代に在籍していたビッグバンドでも良く演奏したし、ジャムセッションでも良くコールされる曲。僕もとても好きな曲だ。今回は外島さんの粋なイントロの後、「AABA」形式のAメロの部分を2ビート、Bメロの部分を4ビートでやるという割とお約束のパターンでリラックスして演奏した。2コーラス目はヨッコさんのクールなスキャット。3コーラス目は外島さんのギターソロ。渋い。4コーラス目が僕のソロ。ちょっと陽気な感じにしてみました。最後にもう一度テーマのメロディを演奏、エンディングを少しエクステンドして終わり。コンパクトで聴きやすい感じの演奏だったと思います。
--

織田佳子ウェブサイト: http://www.yoshiko-oda.com/
Studio Pink Houseのウェブサイト: http://www.studio-pinkhouse.com/

0 件のコメント:

コメントを投稿