2009-01-18

There Is No Greater Love



毎週水曜日にサンノゼのホテル・デアンザのラウンジ「ヘドリー・クラブ」で行われるジャムセッションには、毎月一回ゲストアーティストを呼ぶ。今月はピアニストでありすばらしいジャズ教育者でもあるフランク・スマーレス。幸運なことに、そのミニコンサートで一緒にベースを弾かせてもらうことになった。

これはその1曲目に演奏した曲。大変良く演奏されるスタンダード曲で、多分僕の中でも一番演奏した回数の多い10曲に入るんじゃないかと思う。フランクとは一度も一緒に演奏をしたことがなかったしリハーサルもしていないから、この曲がまさに初めて合わせた瞬間。でもごらんの通り、フランクの超強力なグルーヴのおかげで一瞬にしてバンドが一体になった。ドラムのデービッドの品の良いカラフルなスイングも良かった。

実は、このとき僕は結構緊張していた。というのも、本来予定していた時間よりも遅く会場に着いてしまって、レコーディングやビデオ撮影の機材のセッティングをしていたらフランクの持ってきた譜面に目を通す時間がなかったからだ。(実は、ベースのチューニングすらしていなかった)

しかしながら、そんな緊張は最初のコードをバンドで鳴らした瞬間に吹き飛んだ。バンドが完全にグルーヴしていた。まあ、実は僕のベースプレイは良く聴いてみるとちょくちょく間違えたりへくったりしてるんだけど、ジャズでは良くあることっていうことで。ベースソロの1コーラス目とか、あっぷあっぷしてて、「もういいっす」という感じでソロをやめようと思ったらフランクが「まだまだ!」って言うので苦笑しながら2コーラス目もがんばって続けてみたり。そんな感じのソロだったけど、全体の演奏としてはとてもいい演奏だった。

唯一悔やまれることは、余裕が無くてフランクの繰り出すカッコいいコード進行(ソロの途中、本来のコード進行と少し変えて弾いていたところ)についていけなかったことだ。次に取っておこうと思う。

8 件のコメント:

  1. こんにちは^-^

    生で雰囲気を味わってみたい…って
    見るたびに思います^-^

    返信削除
  2. び~さん、コメントありがとうございます!
    ジャズはやっぱり生が一番ではありますね。
    少しでも、雰囲気をネットで伝えていきたいと思いますので
    応援よろしくお願いします。
    後は是非、び~さんの地元のジャズアーティスト達を
    応援してあげてください!

    返信削除
  3. はじめまして。こんにちは。
    mixiの足跡からきました。

    jazzは好きだけど、初心者です。
    演奏、聴かせていただきました。
    素敵です^^

    でも、いっつも思うんだけど、
    見てる人より、演奏している人のほうが、
    1000倍楽しいんだろうなって。

    サンフランシスコに住んでいたことあるんです。
    いいところですよね、カリフォルニア。
    懐かしいです。

    返信削除
  4. はじめまして!mixiからやってきました。
    動画みました。かっこいいですね!
    ただ、自分のPCからだと若干コマ遅れしていたのが残念。。

    プログラマーの傍ら、カリフォルニアでジャズのベーシストとして活動されてるなんて素敵ですね♪

    自分はサックスを趣味でやってるんですが、
    近い将来ジャズバーなどでセッションするのが夢であり目標です。
    また遊びにきます~

    返信削除
  5. ミュジニー2009年1月20日 21:18

    mixiの足跡からです。
    Pat Metheny, Keith Jarrett, Bill Evans, Brad Mehldau...この辺り大好きです。
    アメリカから離れてかなりたちますが、Bay Areaにはいつか戻ってみたいと思っています。
    頑張ってください。

    返信削除
  6. 足跡から来ました♪

    ベースかっこいいですね☆
    あたしもフルートでこないだはじめてJAZZに挑戦しました!

    難しかったけど、今までにない楽しさを味わいました☆


    どこかで一緒に演奏できるといいですね☆


    お邪魔しました!

    返信削除
  7. パルミジャーノ2009年1月22日 15:01

    生で聴きたいな♪
    素敵☆

    返信削除
  8. misi足跡からです。
    スタンダードな曲調ではありますが、なんというか「色気」があって素敵ですね。
    徹夜明けの僕には、少々刺激が強いですが。
    コーヒー、いやバーボンが飲みたくなりました。

    僕が言うのも不遜ではありますが、頑張ってくださいね。


    P.S.現地では本当に’50’60のCDの中に出てくるような拍手をしてるんですね。
    N.Y.では聴けなかったところをみると、玄人ライブハウスでけなのでしょうか?

    返信削除