2009-01-13

There Will Never Be Another You



こないだの土曜日はバイオリンのマーティに誘われてマウンテンビューのダウンタウンにあるカフェで久しぶりに演奏した。マーティの配慮のおかげで久しぶりに妻と一緒の演奏。この曲はライブの最後に演奏した曲で、練習があまりできなかったにも関わらずとてもいい感じの演奏になった。(ちなみにビデオの後半はテープが切れてしまったので、繰り返して適当な映像を流しています。。すみません)

まず、曲の入りが良かった。ボーカルのみでいきなり歌い始め、すかさずベースのウォーキングが始まる。そしてテーマのメロディの後半からバンド全体が加わる。リハーサル無しだったけどバシっと合って良かった!

(余談:ボーカルがスキャットソロに入る直前、バイオリンのマーティがサックスのヤロに「ソロ行きな」とジェスチャーしますが「あ、スキャット取るのか」と引っ込みます)

曲の最後のほうのボーカルとドラムの4バース交換もとてもナイス。さらに2バース交換に発展する瞬間はお客さんも「オオッ!」となった。「4バース交換が1コーラスだけでは短すぎる」と妻が判断して2コーラス目に突入したものの、途中でサウンドがマンネリ化してきたので急遽2バース交換に切り替えたのだ。エンディングのメロディに戻った時もお客さんから大きな拍手。こういう即興のドラマがジャズは面白い。エンディングもバッチリ決まった。

全体的にこの日はお客さんが本当に良く反応して下さって楽しかった。「良い観客が良い音楽を作る」とアメリカでは言われるけど、本当だな。

Alter Ego's MySpace:
http://www.myspace.com/alteregojazz

Marty's MySpace:
http://www.myspace.com/martyhonda

4 件のコメント:

  1. 即興等、細かい所について説明して頂けるのは大変嬉しいです。
    まだ、そういったことについてあまり分からないもので。。

    即興で色々出来るようになると、楽しそうですねっ

    返信削除
  2. shoさん、コメントありがとうございます。
    コメントの投稿、なかなか大変だったのではないかと思いますが
    ご面倒をおかけしてすみませんでした。

    そしてフィードバックありがとうございます!
    即興などの説明、これからもどんどんしていきたいと思います。
    こういう感覚に慣れてくると、市販のCDの演奏でも
    ミュージシャンどうしの「呼吸」が分かってきて楽しいですよ。

    返信削除
  3. From Keiko
    mixiからやってきました、けいこです。
    先日スペインでフラメンコの生ライブを聞いてきました。
    あいにくスペインでJAZZライブハウスを発見できませんでしたので、
    ぜひ今度はアメリカでJAZZ散策したいですね~。
    ぜひご紹介ください。

    返信削除
  4. けいこさん
    フラメンコのライブなんて素敵ですね。
    一度見てみたいです。迫力ありそう。
    ジャズはNYCならジャズクラブ散策で
    とても楽しめると思います。
    西海岸ならジャズフェスを見に行くのも手ですよ。
    サンフランシスコ近辺なら、春~夏は
    SF Jazz, Stanford Jazz Festival,
    San Jose Jazz Festivalなど色々な
    ジャズフェスが開かれています。

    返信削除