2009-02-20

How Insensitive



だいぶ間が空いてしまいましたが、平川さん出演のSumikaからもう一曲。「ボサノバの父」とも言えるアントニオ・カルロス・ジョビンの書いた多くの美しい曲の一つ、「ハウ・インセンシティヴ」(原題は「Insensatez」)です。イントロでヴァンプしてからリーがメロディを弾き始めたのを合図にテーマのメロディに入ります。平川さんの安定したビートが本当に気持ちいい。こういうボサノバの曲はつい手数が多くなってしまいがちですが、本当はシンプルにかっちりと、音を一つ一つ大事にして演奏しないと「伝わる」演奏にならないんですよね。僕もちょっと弾きすぎてるかな。

僕の中では、ボサノバを演奏する時、ギターがいるかいないかでかなり意識が変わります。ブラジルっぽい感じの本来のボサノバの雰囲気を出すにはギターは必須。逆にピアノやキーボードであれば、あまりブラジルっぽい感じにはこだわらずに浮遊感のある現代ジャズっぽい感じを狙うことが多いです。今回もそんな感じでした。なのでボサノバを演奏した、というよりはボサノバの曲を借りてきて現代ジャズを演奏した、って感じかも。

4:30あたりからのリーの展開がちょっと面白くていい感じ。こういうのは好きだなあ。ベースソロもいい感じで弾けました。キーボードとドラムの8バース交換(8小節毎にソロを交換すること)を経て再度テーマを演奏して終了。ゴリゴリのブルースやビバップもいいけど、こういうのもいいです。ウイスキーよりもワインが合う感じ?

3 件のコメント:

  1. じょんや@ミクシー2009年2月21日 0:13

    綺麗な音で録れてますね。

    ウイスキーもいけますよ。

    ジョビン好きなので今度

    the look of loveも  

    やってください笑。

    返信削除
  2. アイラモルトのボウモアを飲みながら聴きたいですぅ。

    昨晩寝る前に聴きました。素敵な演奏、ありがとうございます。

    返信削除
  3. お返事コメントがすっかり遅れました!

    じょんやさん、ありがとうございます。
    音はマルチトラックレコーダーで録音して
    別途編集しているのです。
    リクエスト承りました!
    ちょっと先になってしまいますが必ず演奏します。

    ナナさん

    スコッチですか?素敵ですね~。
    カリフォルニアに来る直前の頃、スコッチにあこがれて
    恵比寿の良く行くバーで名前も知らないスコッチを
    飲ませてもらってましたのを思い出しました。

    ウイスキーが飲みたくなってきました。

    返信削除