2009-03-25

時間があれば話そうと思っていたこと

シリコンバレー・カンファレンスの起業パネルで、時間があれば話そうと思って個人的に考えていたことをもう少し。


「日本より起業しやすい環境」について

シリコンバレーでは起業に必要な色々な制度や仕組みが整っていることは確かだが、一番大きな要素はそこにいる「人」のマインドセットの問題だと思う。ここに住む人は、ここがイノベーションを生み出す土地であるということが体に染み入っていて、起業に対してポジティブ。ここにるVCやエンジェル投資家も起業経験者が多く、起業が大学のMBAコースで教わるような美しいビジネスプランでどうにかなるものではないことを熟知していて、起業の泥臭いところをわかって投資している。いわゆる文系出身の僕がシリコンバレーに惹かれるのは、「人」の問題だからかも知れない。

ここでは有限責任が明確であり日本では曖昧というのは、「日本人は議論が苦手」という話と似ている。日本では、起業した創業者が仕事の全責任を人生を賭けて負うことを期待され、銀行融資を使う場合は「事業を成功させる気概をお持ちなら個人保証できるでしょう」と代表者の個人保証を求められる。失敗した時は「失敗するような人間だった」「そういう人はもう起業しない方がいい」と人格を否定される。「日本的」なディスカッションにおいても、「その意見は反対。そんな意見を言うあなたは信用できない。他の意見も聞きたくない」と、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという状況になりがち。論理の問題と人格の問題を分離できない。「仕事は仕事として精一杯頑張るが、それによって人生全てを背負いこむわけではない」という割り切りが、起業する側にも投資する側にも共有されているところがシリコンバレーの良さの一つ。失敗は財産とみなされる。


人材について

優秀な人の絶対数は確かに多いが、会社数も多いから奪い合いになるし給料も高い。ただ、方法論を知っているプロのフリーランスの人が多いというのはかなり効く。エンジニアレベルでもそう。そういう人は、プロジェクトを渡り歩きながら効率的な仕事を行っていき、そういう人を通じて方法論がスタートアップにも伝播しやすい。また、フリーランスや正社員を問わず、スタートアップ経験者が多い。「2年先はどうなるか分からないけど一緒に頑張りましょう」と呼びかければリスクを理解しながら面白がってjoinしてくる人が結構な数でいる。どうせ正社員でも一般的に2~4年くらいで転職していくのが普通だから、それくらい持ちそうならスタートアップでやってみるかという意識も生まれやすいと思う。


起業しようかなと思っている人へのメッセージ

壇上の三人の経歴を見ると特別な経験をしてきていて(海外経験が長いとかMBA持ってるとか)、ご自分には関係ないなと思うかも知れない。しかし、同じような経歴を持っていても「シリコンバレーに来て起業」とはならない人もまた多い。要はこの三人のような人は、自分の意思による選択を通じて自分のバックグラウンドに意味づけをしてきたのであり、今やっていることは結果的に過去の経歴から自動的に一本の線に導かれてきたかのように見えるだけである。大事なのは自分の意思で選択を行い、行動すること。「少し背伸びかな」と思う程度の大きめの選択を人生で二~三回すれば人生の意味づけがだいぶ変わるはず。いきなりドーンは無理だから、「ちょっとの背伸び」を繋いでいくのが大事。

4 件のコメント:

  1. 御意。
    あのパネルの内容がしっかりと伝わった人が数人でもいれば、まあ成功と言っていいかなと思いますが、自分でやってみて初めてわかることが多い分野ではありますね、ベンチャー起業は。
    日本だとスモールビジネスはたくさんあってもベンチャーは難しいですし、イメージしにくいだろうなと思っています。
    ぼくは自分でアメリカで起業してみるまで、ぜんぜん分かってませんでした。日本で会社やってたのと同じようなものかと思っていたw

    返信削除
  2. 外国人企業家と日本人企業家の両方に雇われている私としては
    非常によーくわかります。
    そして参考になります。。。
    米国ではうまくいかなかった場合の敗者復活戦のチャンスも
    ありますしねぇ~。
    それに個人への責任とそれに応じた成果が明確なので、
    日本よりわかりやすいところもありますね。
    なんだかんだで日本はまだ人脈と癒着が大事な世界なので・・・。

    企業する気はまったくありませんが、
    勉強になります。

    返信削除
  3. Nさん、カンファレンスお疲れ様でした。
    運営の負荷を分散させて大イベントを成功させるセンスはすごいと思いました。「頑張る人」を作らないという発想はいいですね。

    休憩時間や懇親会でも何人か、「あ、この人には伝わったかな」という人が何人かはいましたので、良かったと思います。参加させていただいてありがとうございました。

    けいこさん、コメントありがとうございます。
    日本には日本の良さがあるので、紋切り型に「日本よりアメリカのほうがいい」という議論にはあまりしたくないのですが、まあ上記のような点は大体間違いないかなー。

    日本的やり方は、義理とか徳とかの日本的規範意識がしっかり共有されてないと怠惰や不正を生みやすいという問題はありますね。そこが崩れてきているから、立て直すには伝統的規範意識に依存しない方向を目指すか、伝統的規範意識を再生させる教育と家庭のあり方を模索するか・・。

    返信削除
  4. ハクション弐号機2009年3月27日 21:31

    『失敗は財産』 

    起業だけでなく、いろんな意味でとても意味のある言葉だと私は思います。

    『失敗』が無いと思ってる人は、不幸だと思います。

    返信削除