2009-04-28

Googleでジャズ演奏


なかなか面白い取り合わせの写真。Googleもすっかり大企業なので、ジャズミュージシャンが社員の中に何人かいてもおかしくない。というわけで、最近良く一緒に演奏するGooglerの二人(ピアノとテナーサックス)と、彼らが社内のミュージシャンリストを探して見つけた元プロドラマーのGooglerの三人と一緒に社内のロビーでジャムセッションをしてきた。なぜ僕が呼ばれたかというと、ジャズベーシストは社内で見つからなかったから。本当にベーシスト少ないなあ。

4人で集まってセッティングし、演奏をし始めると、物珍しさで結構観客が集まってきた。グランドピアノが置いてある小さなロビーなのだが、食堂とランドリーが隣接しているところなので結構人通りが多い。普段何気なく見ているグランドピアノ、さらにウッドベースやらドラムセットやらを持ち込んでジャズを演奏してるところを見れば驚く人は多いだろう。「なにこれ?」とのぞきに来る人の顔を見ているのが楽しかった。

今まではGoogleに来る時は仕事関係とかエンジニアリング関係の集まりとかだったので、まさか自分がウッドベースを担いでやってきてここでジャズを演奏するとは思わなかった。「Googleとジャズ」、あまりない取り合わせだけど、シリコンバレーでジャズをやっている僕にしてみれば実に意味のある取り合わせ。

3 件のコメント:

  1. いって くれれば いいのに!!

    返信削除
  2. Nさん
    すみません!どういう感じになるか分からなかったので
    Twitterでだけ、こっそりつぶやいていました。
    次回またやると思うのでその時は声かけます!

    返信削除
  3. わぁ!かっこいいですねw
    私の上司も先週シリコンバレーに行っていたようです。
    早めに教えていただければ、教えてあげんたんですが・・・。
    おもしろそうです
    今後こそぜひー。

    返信削除