2009-05-06

スタンフォード大学でジャムセッション


毎年夏に行われるスタンフォード・ジャズ・ワークショップのスピンオフ企画みたいな感じで、2ヶ月限定で月曜ジャムセッションが行われていて、時々アキラ・ターナーやジョン・シフレットなどの有名人も出没するらしいという噂を聞いて早速昨日行って来た。場所はスタンフォード大学の構内、音楽学部近くのカフェ「CoHo」。

上の写真はステージの様子。大学内のカフェで、周りにはパソコンを広げてくつろぐスタンフォードの学生達がたくさん。ちなみに右のほうに転がっているのが僕のベース。

この日は有名人は出没しなかった&案外参加人数が少なかったけど、順番はたくさん回ってきたので5曲くらい弾けた。最初の1~2曲は結構緊張してしまったり、他のプレイヤーと呼吸が合わなくて焦った。こういうジャムでは演奏を楽しむことももちろんだけど、顔を売るという面もあるので、他のプレイヤーと呼吸が合わない中でも印象に残るようなベストの演奏をしなければならない。まあ、結果的には5曲弾けたので良かったけど、最初の2曲だけで終わってたら、印象薄かったかも。とりあえず顔は覚えてもらえたと思うので、めでたしめでたし。

来週あたり、とてもレベルが高いという噂のサンフランシスコのグラント・アンド・グリーンのジャムセッションに行ってみようかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿