2009-05-28

プロの音とは

4月19日にやったコンサートの録音をミックスし始めた。1ヶ月の間を置いて聴き返してみると自分の音が客観的に聴けて良いなあ。サウンド全体は結構いい感じ。演奏した時に感じた手応えは録音に残せたと思う。

しかし、こうして良い録音状態のものを聴いてみると、物足りなさも出て来る。「アマチュアよりはうまいけど、一流のプロの音には届かない感じ」とでも言うべきか。こういうレベルの演奏は得てしてアマチュアの演奏よりもつまらないものになってしまうことがあるので危険だ。

ミックスしながら自分の音を聴いていると、「頑張り過ぎ」であることに気づく。当日ちょっと緊張していたこともあるけど、自分の中でサウンドイメージが完全には結像していないことへの若干の言い訳が、音数の多さという形に出てしまっている。しかも弾きこなせず手がもつれている。弾く音の数はこの半分で良いな。半分の音を100%の確信を持って弾く。

ここからもう一歩上に行くには、曲のサウンド全体を見渡す力をもっとつけて、普段から楽器をもっと練習して本番に余裕を持たせ、本番では「頑張る」ことをせずに、自然体で自分の持つサウンドをそのまま出すということが出来るようになる必要がある気がする。曲の盛り上がりに対してもクールさを保って感情をコントロールしたい。どうも盛り上がりに対しては「はい今、感情を爆発させてます!」という演奏になってしまうことが多い。そういう演奏は客観的に聴いてみるとすごく雑に聞こえる。僕が良く伴奏するジャズボーカルのワークショップを指導するロジャー・レトソンも良くレッスン中に言うことだ。「曲の盛り上がりをもたらすのは音量ではなく張りつめた感情」。安易にフォルテを連発して割れた音を出してはいけない。コントロールしないと。

ちょうど最近、妻の所属しているジャズコーラスグループ「Vocal Flight」がCDレコーディングをしているのだが、そこでベースを弾くマーク・ファン・ヴァーゲニンゲンの音を聴いて「プロの音だなあ」と感心したところだった。マークはかの有名なファンク・バンド「タワー・オブ・パワー」でもベースを弾いたことがあるベイエリアのプロベーシスト。僕も時々Vocal Flightでは弾くので、同じ曲をマークがどのように弾くのかはとても参考になる。

マークは、音数は少なめだが「費用対効果」の極めて高い演奏をする。それでいてタッチは多彩で、グリッサンドやダブル・ストップなどを要所要所に散りばめて「ベースらしい」音を出す。コンピュータの打ち込みでは決して出せないグルーヴだ。音数が少ないことで他の楽器にスペースを与えており、アンサンブル全体がまとまる。これに比べると、僕のベースはまだまだ「埋めよう」としてしまっている感じ。特に、空ピックのゴーストノートが多すぎて、グルーヴの自由度を奪っている。しばらくゴーストノートを引っ掛けて弾くのをやめよう。

やることは多い。

2 件のコメント:

  1. ども、おひさしぶりです。
    ゆーこ@元kiroroです・・・

    耳が痛いなあ、この記事・・・(笑
    そうそう、感情をぶつけるだけでは
    聞いて不快になる演奏に
    なってしまうこともありますよねえ~・・・

    返信削除
  2. ゆーこさん、お久しぶりです。
    音楽も演技なのかなあって思います。
    「悲しい」を表現するのに
    「自分が本当に悲しい時の顔」をしてもダメ、みたいな。
    表現のコントロールと内なる感情のバランスが大事なんでしょうね。

    返信削除