2009-06-14

さらにもう1曲: Oleo



コンサートの最後に演奏した曲。ソニー・ロリンズが作曲してマイルス・デイビスの演奏で有名になった「オレオ」です。いわゆる「循環」というコード進行の曲で、ジャムセッションなどで良く演奏されます。ちなみにガーシュウィンの「アイ・ガット・リズム」と同じコード進行のため、このコード進行は「Rhythm changes」と英語では呼ばれます。

僕がジャムセッションなんかでやる時は、良くベースも一緒になってメロディをユニゾンで弾いてしまいます。元々は、学生の頃にベースを池田芳夫さんに習っている時にこのメロディをベースで弾く練習を課題で与えられて、それ以来ずっと弾いてます。こうしてトリオの時のユニゾンでやっても面白いですね。

とてもいいコンサートでした。またやってみたいと思います。それまでちゃんと練習して少しでも上達しておかねば。

0 件のコメント:

コメントを投稿