2009-06-28

There Is No Greater Love



久しぶりにSumikaでのライブのビデオをアップしました。ギターは最近良く演奏するティム・ヴィルポセラ、キーボードは今までにも何回か登場しているリー・パーディーニです。曲は非常に良く演奏されるスタンダード曲「There Is No Greater Love」。ドラム無しの構成にしては結構グルーヴ感を出せたかなーと自画自賛。

今回は、サウンドの編集の上で新しいことをしてみました。何かというと、マイク録りのベースの音を全く使わずに、ライン録りのベースに編集時にLogicのベースアンプ・シミュレータをかけて音を太くするようにしてみました。なかなかいい感じかなーと気に入っています。近いうちにちゃんとしたマイクとプリアンプを買おうとは思っているのですが、それまではこれで行ってみようかな。自分の本当に出したい音とはちょっと違うんだけど、少し勢いを足した感じの音のほうがウケがいいかな、と想像しています。AMTのマイク買ったらもうちょっと研究してみよう。

今回はギターも楽器から直接レコーダーにつないだので、編集の時に上記と同様にギターアンプ・シミュレータで処理。ちょっと歪ませすぎた感もあるけど、ティムのギターはこれくらいディストーションのかかった音のほうがカッコいい。そんな感じで、今回のミックスは全体的に音量感が大きくなりました。特にベースの音量感を上げたのが大きいかな。これくらい音量上げるとYouTubeで圧縮された時もそんなにやせた感じがしないのも狙い通り。

もっと音良くしていきたいなー。

2 件のコメント:

  1. 岡田さんお久しぶりです。
    久しぶりに訪問したら、岡田さんの音楽が
    フュージョンっぽくなっていたので、
    おもしろいなぁと思って拝見させていただいています。
    日本版のFacebookにもいまして、
    岡田さんの音楽をシェアさせていただきました。
    名前は私の日本語フルネームです。。。

    返信削除
  2. けいこさん
    フュージョンもやっぱりいいものですね。
    といっても、ちゃんとやろうと思ったらもうちょっと感覚を
    取り戻さないといけないなーとは感じてます。
    こないだは久しぶりにエレキベースでスラッピング(チョッパー)の
    練習などしてしまいました。。Facebook探してみます!

    返信削除