2009-09-24

新曲そろそろ完成間近

つのさんの依頼で作り始めた曲がようやく形になってきた。もともとの話が6月だったから、気がついたらえらく時間がかかっている。BPMが130のテンポで6月に一度作ってみた時点で一度アイデアが全部吐き出されてしまって、もう一曲別に同じテンポで発想するのに苦労したという事情。でも苦労してウンウン考えたおかげでいい感じの曲になったと思う。

まあ、ウンウン考えたと言っても、あれこれ悩んだりしているうちは全く発想は出てこなくて、朝に目が覚めてフニャフニャした頭の状態でぼーっと考えている時間とかが一番有効だったりする。そういう状態で大体のアイデアを考えて、次にMacに向かう時に形にする感じ。だから、実際に椅子に座って「作曲」している実効時間はかなり少なくて、今回でも2〜3時間くらいかなと思う。

今回はメインメロディが決まってから曲のアレンジをするまでの間にも時間がかかった。メインメロディとそのコード進行にとらわれすぎて、なかなかそれが「動かせなかった」感じ。もう一つ展開しないと曲を構成するブロックが足りないんだけど、それがなかなか出てこない。結局、ある日の朝に思いついたアイデアで元の曲の形を少し崩し、まとめ直して何とか形にすることができた。

実はこうしてアレンジが決まり、曲の長さが決まったのはドラムのレコーディングをする前日。最悪の場合は決まっている部分だけドラムを録り、後で構成を決めてドラムの音をMac上で切り貼りするつもりだった。そうは言ってもこの時点で尺が決まっているに越したことはないから、結局頑張ってまとめ上げた。いやー、ここで頑張って良かった。

Macベースの打ち込みオケとクリックをMTRに録音して、今回ドラムをお願いしたケビン・ヒグチにそれをヘッドホンで聞きながらドラムを演奏してもらい、持ち帰ってMacのオケに重ねてみると、やっぱり生音は違うなーと満足。パワーもあるしグルーヴもいい。Macで際限なくエディットして生ドラムを再現するより百倍いいな。ケビンにお願いして良かった。ちなみに彼はバンド「インソレンス」でも叩いていて、日本ツアーに行ったりもしている。マキシマム・ザ・ホルモンと対バンでライブをやったりしたらしい。

ところで、今回の曲の僕の中でのイメージは「90年代のT-スクエア」だったんだけど、それをT-スクエアとかを知らないアメリカ人ミュージシャンに演奏してもらったらどうなるかという興味があった。これは思わぬ形で失敗した。というのは、ケビンにデモ音源のmp3を送っていざレコーディングの現場で会うと、彼は口を開くなり「おいケン(僕のあだ名)、T-スクエアって知ってるか?」と聞いてきたのだ。吹き出しそうになりながら「何で知ってるの??」と聞くと「大学の頃に日本人の友達がいて、彼が日本のフュージョンバンドの曲を良く聞かせてくれたんだよ。それにアキラ・ジンボーとかノリタケとかはこっちでもドラマーの間では有名だから。デモ聞いてT-スクエアっぽいなと思ったんだよ」との答え。そうだったのかー。まあ、スクエアっぽいと思ってくれたのはうれしいけど、企みはもろくも崩れてしまった。

多分、今週録音するギターとキーボードの連中はT-スクエアは知らないはず。。さて、どんなサウンドになるか楽しみだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿